投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

思い込みの強さ

こんな研究があるそうです。

『 注射「痛くない」と思えば痛み軽く…日米共同研究 』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050906-00000508-yom-soci


・・・やっぱりそうだったんですね。
なんとなく・・・・なんとなくは気付いていたんです!

気合を入れれば痛くないなぁ・・・と。
今度からも、注射をされる際には、「痛くない・・・痛くない・・・」と思い込むことにします。


ドラクエが好きな小学生の皆さんも、次回の注射の際には参考にしてくださいね。
でも、小学生のときの「集中力」や「思い込みの力」というのは恐ろしいものがありますので、あまり気合を入れすぎないでください。
例えば・・・


「注射なんて痛くない・・・痛いもんか・・・痛いのは一瞬だけ・・・逃げちゃダメだ・・・逃げちゃダメだ・・・・・・大丈夫、俺は注射なんて乗り越えられる・・・俺は注射に勝つ!・・・・俺は無敵だ!最強だ!俺は世界だ!誰も俺を止めることはできねぇ!・・・・・・・・・オクレ兄(ry」

みたいなことになっても、責任は負いません。




・・・それにしても、学者というのは素晴らしい職業ですね。
たくさんのお金を使って、小学生レベルの疑問を証明してくれるなんて、ありがたいことです。

「学者」や「学会」というと難しそうなイメージがありますが、実際は自称でOK。
世の中には膨大な数の学会があり、中にはふざけたものやら、無料で入れるものやら、いろいろあります。
有名なところでは、目玉焼きを裏返す派と裏返さない派が、毎年集まってそれぞれの意見を対決させる学会もあります。




学者もいろいろ。

国立大学に学科まで設立して、ドラえもんを研究している「ドラえもん学」の教授もいます。
その昔には、本で殴ったりバリアチェンジを見破ったりと、学者が活躍した時代もありました。

ドラクエにおいては、恐竜を研究したいあまり、現代から1人古代に連れて行かれて置き去りになった学者もいます。
ロボットを人間に近づけようと研究するあまり、ベッドで白骨になってた学者を見たときは衝撃でした。

・・・誰も覚えてないだろうと思って、ドラクエ7のネタばれまでする今日のこの頃です。



今度はぜひ、
「ドラクエの戦闘中に逃げるのを失敗しまくっても、あと1回失敗したら全滅する残りHPになってからは、ほぼ100%逃げられる現象」
を検証してほしいです。

あれは、かなりミステリーです。
ドラクエ4は、「にげる」を失敗するたびに会心の一撃の確率が上がるという隠しルーチンがあったそうですが、「にげる」が成功する確率も徐々に上がる仕様なんでしょうか・・・。


他には、
「逃げるときにAボタンを連打すると、成功する確率が上がる気がする現象」
とか、
「残り1撃で倒せるまでに弱らせたメタルスライムが、やたら逃げやすい現象」
とか、
「冒険の書が消えても、すぐにリセットすると復活してることがある現象」

なども、思い込みではないのか検証してほしいものです。



しかし・・・、これだけ多くの学会があるというのに、ドラクエ学会はまだないのです。

個人的な見解を申しますと、
「ドラクエがなぜ面白いのか」
を研究することは、ドラえもんのそれを研究することと比べて、それほど価値が劣っているとは思いません。
どちらもそれなりに歴史があり、時代を超えてウケる理由があり、勝利のパターンがあるのです。



先ほど、ドラクエ学会は1つも無いと書きましたが、ウソです。
私、ウソつきました。



実は1つだけ、あったのです。
それが、「どらくえ3」の著者である、「高円寺ファミコン考察学会」です。

現在では解散してしまったようですが、本の出来を見る限り、解散して世界は救われた気もします。
■  [PR]
# by foxgrape | 2005-09-06 18:22 | ドラクエ含む

デイジィ

本当ならば、もうとっくにサイトの移転を終えて、
もりもり(スライムもりもりとは関係ない、っていうかやったことない)
更新できてるはずだったのですが、いろいろありました。

例えば、ヤングガンガンが北陸ではなかなか手に入りにくかったり、
前から行きたかった東京に主張したため、しばらくパソコンから離れていたり、
前から別に行きたくも無かった名古屋に旅行して意外と楽しかったり、
このサイトのほかに、頼まれた商用サイトを無償で作らなければならなかったり、
nintendogsの飼い主ポイントを目標3000まで上げなければならなかったり、
声が変わった後のドラえもんの方が面白い、と思い込むように努力したり、
私がnintendogsの飼い犬にメロという名前を付けてから、デスノートの掲載順が落ちたり、
愛知万博に行こうと思って旅行社の窓口で、今から間に合うチケットありますか?と聞いたら
一瞬複雑な顔をされた後、かわいそうな子を見るかのように、万博の混雑具合についてレクチャーされたり、
ロト紋のラスボスがパロディで出演しているリザードキングという漫画で、これまたパロディで出演していたプロレスラーの御方が亡くなったりと、
いろいろありました。

ありすぎました。



そんな中、とりあえず、ちょっと落ち着いてきたので、
ブログを更新し始めました。
しばらくは大丈夫そうです。

いちおう、今までもmixiのほうは更新していました。
そして、ちょっとでもドラクエに関わるものは、mixiでなくこちらのブログに書こうとは
決めていたのですが、まったく出てきませんでした。
今、ドラクエ関係のニュースがあまりない時期なこともあります。
発売予定も、具体的なものはスライムもりもり2くらいしかないし・・・。



ゲームに関しては、そんな感じであまり動きのなかったドラクエですけど、
漫画だと相変わらず。
ドラクエ関係書籍のトータル冊数は増え続けています。

コンビニ向けダイは、まだ続くのか!といわんばかりに新章が発刊。
ヤングガンガンも、まだ続くのか!と心配になるくらい北陸では見かけなくなりました。
ですが、ちゃんとロト紋のコミックスは出ます。
しかも2冊同時。
ジャンプの連載がコミックス売り上げで連載継続が決まるものがあるように、
このロト紋のコミックス売り上げで雑誌の継続が決まったりして・・・・・・。


そういえば、エニックス誌で活躍中の荒川先生が、サンデーGXに読み切りを描いていました。
はじけたギャグ漫画でした。
感想としては、面白いからヤンガンで描いてあげてください・・・。



・・・そんな感じです。
久しぶりの更新なので、短めにこのへんで。

今回、ブログのレイアウトやデザインも変更してみました。
(もともと、こういう変更が簡単にできることもあって、このブログを選んだのです)

上のほうにある花は、ちょっとだけアベル伝説入ってます。
■  [PR]
# by foxgrape | 2005-07-19 02:10 | 日記

連載開始直後から思っていたのですが

現在、週刊少年ジャンプで最も若い新連載である
「切法師」の主人公は、ドラゴンクエスト アベル伝説の
アベルに似ています。

絵柄がそれほど似ているわけではないのですが、性格や輪郭がモロ。
明るくて嫌味なほど真面目、少年らしい顔立ちが残っているのに
体は筋肉質で、さらに上半身は肩から斜めにかけた服を着てるものの、
基本的に裸。
そして、女性キャラの目はティアラと同じ、極端に縦長い描き方。
ここまで共通点がある漫画は、ジャンプで初です。


ただ、アベルは真面目な性格である反面、
デイジィとの修行で平気でズルをするし、温泉は覗くし、
ただ性格の良いキャラでは終わっていませんでした。
優等生すぎる主人公だと、少年の視聴者は説教されている感じがして
あまり人気が出ないだろうことを見越したアクセントだったように思えます。

対して、「切法師」の主人公は本当の善人といった感じで
優等生なセリフしかしゃべりません。
これはやばいです。

すでに7週目。
ジャンプの歴史を長く見てきましたが、現状はかなりピンチです。
早くヤナックみたいな、アベルと対極にあるキャラを出さないと
15週前後で打ち切りは間違いありません。
真面目すぎる主人公は、ハジケた性格の味方のストップ役として活躍する
形でないと、少年漫画では難しいと思います。

アベル伝説だって、もし仲間が全員アベルと同じ性格だったら
(もっと早く)打ち切られていたでしょう。
「切法師」は初連載で慣れていないとはいえ、
第7話まで仲間が登場しないアベル伝説をやってしまいました。


さらにマズいのは、今さらヤナックキャラを出そうと思っても
これまでに何の伏線も用意されていないのです。
ついでに、この漫画にはモコモコすらいません。
ヒロインもいません。
第1話から主人公はずっと1人で、常に独り言をしゃべっています。
戦闘の際にも、主人公が解説役を兼ねるという新しいスタイル。

そして、今週は来週からのバトルのための繋ぎの回でしたから、
少なくとも再来週まで、新章突入ができません。
つまり、新キャラ投入できるまでに、打ち切り審査が行われる可能性もあるのです。


そういうわけで、ほとんど打ち切りは確定してしまったわけですが、
今さら王道すぎるほどの勧善懲悪の冒険物・・・
アベル伝説っぽい漫画がジャンプに載ったのは新鮮でした。
未読の方はどうぞ早めに。

・・・といっても、内容は和風なので、それ以上の共通点はないんですけどね。
■  [PR]
# by foxgrape | 2005-07-16 19:38 | ドラクエ含む
< 前のページ 次のページ >